土地を担保にお金を借りる方法

融資額というのは、一定のレベルを超えると担保
なしでは借入するのが難しくなります。

 

その理由は、大きな額を融資してもし返済して
もらえなかったら、貸し手は大変な損害を被ること
になるからです。

 

ですからそうした事態を避けるために、貸主は
不動産などの担保をとって融資を行います。

 

土地などの不動産を担保に融資してもらうことを不動産担保融資といいますが、
土地所有者が高額融資を申込む場合はこの知識を持っておくようにしましょう。

 

まずは、そのメリットとデメリットを知っておく必要があります。

 

不動産担保融資のメリットは、不動産を担保に入れることによって低金利で
借入ができること、そしてそれによって長期返済が可能になることです。

 

月々の返済額を減らすためには長期返済にならざるをえませんが、普通なら
長期返済にしてしまうと金利負担が重くなってしまいます。

 

しかし、その金利負担を不動産担保によって軽くすることができるのです。

 

さらに、土地を担保に入れて借りたとしても、その土地は返済期間中もその
まま土地所有者が使用できるというメリットがあります。

 

返済不能になったらもちろん使用はできませんが、そうでない限りは、担保に
入れた土地でも使い続けることができるのです。

 

一方デメリットは、もし返済ができなかったときに、担保に入れた不動産を
手放さなくてはならなくなります。

 

他に不動産担保融資を行うにあたっては、抵当権の知識も学んでおくように
しましょう。

 

抵当権とは、不動産担保融資においてもし返済困難に陥ったとき、担保にとら
れた不動産を抵当権者が自由に処分できる権利のことです。

 

不動産担保融資では欠かすことのできないポイントですから、必ず勉強しておく
ようにしなければなりません。

まずは無料で不動産の価値を知る!

 

不動産・家・マンション査定 【無料診断ツール】で
あなたの不動産の価値を診断!


不動産&家・マンション売却査定.com

不動産担保ローンをお考え中の方へ!

 

その前に、あなたの不動産の価値は?

 

たった3ステップ最短45秒の不動産無料査定
ツールで確かめてみてはいかかですか。

 

不動産売却を前提にした診断ツールではありますが、自分の持っている
不動産価値が分かります。

 

 

 

以下は土地活用の提案を無料でしてくれます!


リビンマッチ土地活用無料一括

土地活用の無料一括比較!

 

土地の有効活用をお考えの大家さんや不動産
投資をお考えの方向けに、自分に合ったアパート
やマンションの建築や駐車場経営などの提案を、
優良企業に無料一括でお問い合わせができる
サービスです。

 

日本全国で100社を超える有名で知名度がある企業様と提携をしているため、
アパ―トやマンションの建築に関しましては全国でお問い合わせが可能となって
います。

 

 

不動産担保ローン人気ランキング!

 

中央リテールは、東京都知事の登録番号と
日本貸金業協会にも登録をしている貸金業者。

 

そんな中央リテールは、無担保で最高500万円、
不動産担保ローンでは最高なんと3000万円までの
融資が受けられます。

 

また、総量規制の対象にもなっていないため、収入との兼ね合いで他社の審査に
落ちてしまった人にも融資が受けられるチャンスあり。

 

他社のカードローンでは、審査に通るのが難しく、どうしてもお金を借りたい理由が
ある方には、頼れる貸金業者になります。

 

実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの目安

10.95%〜13.0%(無担保)

8.2%〜13.0%

〜500万円(無担保)

3,000万円(不動産担保ローン)

最短2時間

翌営業日

 

 

不動産担保ローンで33年の歴史を誇る日宝!

 

法人経営者、個人事業主、個人も利用できる不動産担保
ローンで、最大5億円の融資が可能となっており、最低
50万円という少額でも利用できる不動産担保ローンです。

 

そんな日宝は、歴史が長い分、不動産担保の審査ノウハウが蓄積されており、「10%
を切る金利設定」「最短即日融資」「借地、底地、共有持分、再建築不可などの悪条件
の不動産でも融資が可能」「抵当順位は問わない」など、かなり柔軟な審査で融資を
してくれる金融機関となっています。

 

「債務整理中、自宅が競売中、他社の借入がある、家族の不動産」という条件でも
融資が可能です。

 

この他、金利も上限金利が10%を切る低金利設定なので、個人の借り換え利用、
おまとめ利用による返済額の軽減も可能です。

 

実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの目安

4.0%〜9.9%

50万円〜5億円

最短即日〜1週間

 

 

「総合マネージメントサービス」の不動産担保ローン!

 

現在お持ちの不動産を担保に、まとまった資金が必要な
方、長期ローンにて低金利の、無理のないお支払を
ご希望の方々に最適。

 

そんな総合マネージメントサービスでは、フリーローン
として使える不動産担保ローンだけでなく、不動産売却に伴う各種サービスにも対応
しています。

 

しかも、総合マネージメントサービスの【不動産担保ローン】は他社借入中や住宅
ローン返済中でもご利用する事が可能です。

 

また、持分権・借地権・底地権などのご相談にも気軽に応じてくれます。

 

他社では審査が通らない方、まとまった資金が必要な方、不動産を有効活用し複数の
借り入れを低金利で一本化する【おまとめローン】として利用したい方は大変頼りになる
サービスです。

 

実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの目安

3.4%〜9.8%

30万円〜5億円

(5億以上要相談)

原則3日以内

 

 

安心で人気!利用者に評判がいい所(銀行系)

 

業界トップクラスの低金利とメガバンクの一角、
みずほ銀行が提供しているカードローン!

 

そんなみずほ銀行カードローンは、限度額も最大
800万円と高く、上限となる利率も低く、一般的な
カードローンと比較して安く設定されています。

 

最寄りのみずほ銀行及び主要なコンビニなどのATMに
加え、返済もみずほ銀行のオンラインバンキングサービスである「みずほダイレクト」
を利用できるなら、そのみずほダイレクト経由でパソコンやスマホ、携帯電話、それに
固定電話からも借り入れやローンを返済する事ができます。

 

わざわざATMなどに行って、借り入れや返済の手続きをしなくてもよいためとても
便利です。

 

『※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は
年1.5%~13.5%です。』

実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの目安

年2.0%〜14.0%

最大800万円

 

 

ちばぎんカードローンはちばぎんの愛称で親しまれる
千葉銀行「ちばぎんこう」の提供するサービス。

 

千葉を中心に展開する地方銀行として「ちばぎん」の
カードローンが新しくなりました。

 

金利や限度額などスペックが大幅に向上しており、特に
初めてカードローンを利用する方にメリットが大きい
内容となっています。さらに他社カードローンからのおまとめや借り換えも可能です。

 

そんなちばぎんカードローンは「千葉、東京、茨木、神奈川(横浜市、川崎市)」に
住んでいる方だけが申し込めますが、職業等の条件はなく「アルバイト・パート・
フリーター・派遣社員」の方でも利用可能です。

 

また、本人に収入のない専業主婦の方でも、配偶者に安定収入があれば、ちばぎん
カードローンを利用できます。

 

実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの目安

1.7%〜14.8%

800万円

最短即日

 

 

ランキング(※貴サイトおすすめ順※当社調べ)

 

土日でも即日融資対応で頼れるプロミス!

 

人気の高い消費者金融として有名なSMBCコン
シューマーファイナンスのプロミスは、安心の
SMBCグループの一員として多くの方に利用され
ています。

 

そんなプロミスでは来店不要での申し込みから、
平日14時までのWeb契約で即日融資も可能です。急ぎで借りたい方からの評価や
評判もよく、利用しやすいと評判です。

(※但し、30日間無利息サービスをご利用の場合、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの目安

4.5%〜17.8%

1〜500万円

最短30分

最短1時間

 

レディースは女性オペレーターが承ります。男性のお申込みもOKです。

 

SMBC モビットはSMBCグループが提供する
キャッシング会社。

 

そんなSMBC モビットの魅力はSMBCグループという
安心感に加え、最短10秒という圧倒的な事前審査の
スピードの速さが人気の秘密!

 

他のキャッシングはほとんどのサービスが最短でも
審査に30分はかかるため、急いで資金が必要な場合、最も事前審査の時間が短い
SMBC モビットのサービスは便利です。

(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)
申し込みは24時間受け付けており、Web完結申込を利用すると電話連絡も郵送物も
なく、利用を開始する事ができます。

 

実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの目安

3.0%〜18.0%

1〜800万円

10秒簡易審査

-

 

※審査の結果次第ではご希望に沿えない可能性もございます。

 

CMでもおなじみのアイフルは、来店不要でネットで
申し込みからWEB契約完了が可能です。

 

そんなアイフルは、初めての人でも安心して借りる
事ができるキャッシングサービスとして高い評価を
受けています。

 

まずは、融資可能かどうかの不安は1秒診断で解決!

 

計画的な返済の相談にも親身になって聞いてくれる安心サポートを無料で行って
います。金利は一般的な水準ですが、1,000円から即日融資が可能です。

(※但し一部提携CD/ATMでのご利用は、10,000円からとなります!)

 

実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの目安

3.0%〜18.0%

800万円

最短30分

最短即日融資も可能!

 

 

知名度はトップクラスの消費者金融最大手のアコム!

 

知名度に関しては、トップクラスで、安心して借りら
れるため、キャッシングが初めての方や女性の方からも
人気が高いのが特徴です。

 

またアコムは、手続きの早さをはじめ、丁寧な対応も
人気の理由となっています。

 

申し込み条件を満たしているか不安な方には、3秒診断で時間をかけずに瞬時に
借り入れ目安の診断ができます。

 

アコムを初めて利用する方は、35日ごとの返済契約とすれば、契約翌日から
30日間の金利ゼロサービスも受けられます。

 

申込から融資までWEBで全て完結しますから、来店不要でお金を借りる事が可能で、
もちろん即日融資もOK!

 

返済は全国に設置してあるアコムのATMのほか、提携している金融機関やコンビニ
のATMも使えますから大変便利です。

 

実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの目安

3.0%〜18.0%

1万円〜800万円

最短30分

最短1時間

 

土地を担保にお金を借りる際の必要書類

 

 

土地を担保に金融機関からお金を借りられる方法のひとつが、借りたお金を
幅広く活用できる不動産担保ローンです。

 

こうした不動産担保ローンの必要書類として、どのようなものが当てはまるの
でしょうか?

 

不動産担保ローンの申し込みにおいては、主に本人確認書類や所得確認書類のほか、
不動産確認書類と申込関係書類が必要です。

 

まず本人確認書類は有効期限内の運転免許証などが利用可能で、金融機関はこれを
提出させることで本人の実在確認をしています。

 

所得確認書類では源泉徴収票や所得証明書が代表的ですが、個人ではなく法人なら
決算書や確定申告書などを同時に求められますので注意してください。

 

また不動産確認書類では登記事項証明書が使われやすいものの、申込者の状況に
よって必要書類は増加する傾向が見られます。

 

さらに申込関係書類は申込書や同意書が該当する一方で、フォーマットは金融機関に
応じて変わりますから気をつけなければいけません。

 

審査を通った後の契約時には印鑑証明書と実印が必須になるため、こちらの準備も
忘れずに行いましょう。

 

不動産担保ローンでは個人と法人など申し込みを行う人の立場によって、必要書類に
それぞれ違いが現れます。

 

もちろん利用する金融機関そのものが異なる際にも、使える必要書類は変わり
兼ねません。

 

加えて申し込みの際に土地を担保にすると、抵当権が設定されることで保証人は
不要になる場合がほとんどです。

 

それでも連帯保証人や連帯債務者の審査を要するときには、該当する人の住民票や
印鑑証明書などを金融機関に提出する流れになります。

 

不動産担保ローンにおける必要書類を知りたいのなら、利用を検討している
金融機関に相談を行って詳細を事前に確かめてみましょう。

 

土地を担保にお金を借りる際には本人確認書類や所得確認書類以外に、
不動産確認書類と申込関係書類などが必要書類として当てはまります。

 

印鑑証明書と実印も契約には欠かせませんし、手続きを行う人や金融機関にあわせて
不動産担保ローンの必要書類は変更されたりします。

土地を担保に借りられる金額

 

 

不動産担保ローンを活用する場合には、土地を担保にした上で金融機関から
お金を借りられます。

 

このように土地を担保に借りられる金額は、果たしてどれくらいなのでしょうか?

 

銀行や消費者金融のカードローンでは、借り入れ金額の上限が高くても数百万円
ほどに設定されています。

 

対して不動産担保ローンは申し込む金融機関と担保にする土地によりますが、
最高で10億円まで借り入れを期待できます。

 

とは言っても、土地にはそもそも評価額があって、借り入れ可能な限度額は
評価額の5割から7割前後なので注意しなくてはいけません。

 

担保にする土地が3,000万円ほどの評価額を備えるなら、借り入れは2,100万円が
限界に近くなるでしょう。

 

不動産担保ローンを申し込む金融機関を安易に決めれば、5割前後しか借りられ
ない場合が珍しくありません。

 

多額の借り入れを行いたい人は、金融機関を慎重に選びつつ、相応の土地を担保に
設定することが重要なポイントです。

 

土地を評価する方法は主に2つあって、そのひとつには路線価を使用した方法が
あげられます。

 

これに当てはまらないときには、固定資産税評価証明書に記載の金額を土地の
評価額として扱う方法を活用可能です。

 

また土地には抵当権が設定され、土地を担保にするのであれば、どうしても費用が
かかるので気をつけましょう。

 

抵当権の設定においては登記が必須ですから、司法書士に任せる手間が発生します。

 

さらに不動産確認書類の取得も条件に含まれ、土地を担保にしたいのなら経費は
10万円ほどになるかもしれません。

 

一方で抵当権には順位が存在し、第1順位に設定しない限り、借り入れの申し込みを
受け付けない金融機関が多くあります。

 

不動産担保ローンの申し込みを検討している人は、借りられる金額だけでなく
準備費用や抵当権の順位にも注目してください。

 

土地を担保にして不動産担保ローンで借りられる金額は、土地の評価額の5割から
7割前後です。

 

抵当権の設定には費用がかかり、抵当権を第1順位に設定しなければ、担保として
認めない金融機関が存在しています。

土地を担保にお金を借りる場合の「金利」「返済期間」について

 

 

金融機関で土地を担保にしてお金を借りられる不動産担保ローンでは、金利は
どのような設定になりやすいのでしょうか?

 

不動産担保ローンにおける金利の設定に加えて、返済期間の対応についても
知っておきましょう。

 

金融機関の不動産担保ローンを活用する主要なメリットが、金利の低さと
言われています。

 

実際に適用される金利は、借入額に応じてほぼ変更されるものの、1パーセントから
10パーセントといった低金利を実現できます。

 

また不動産担保ローンでは金融機関によって用意される金利タイプが2種類あって、
それは固定金利タイプと変動金利タイプになります。

 

固定金利タイプが該当するのなら、完済まで金利の設定が変更されません。

 

金利の設定として高めになる傾向が見られますが、金利が常に一定なので時間経過に
よって発生するリスクを避けていけるでしょう。

 

これに対して変動金利タイプは、金利情勢にあわせて金利の適用利率が変更される
特徴を持っています。

 

返済期間が長くなるのであれば、金利情勢の影響を受けやすいため、短期間に
完済を見込めるときに変動金利タイプは向いているかもしれません。

 

不動産担保ローンでは長期の返済期間に対応していますから、自分の返済計画に
あった返済期間を選んでいけます。

 

返済期間として金融機関で設定されやすいのは20年から30年ですが、一部の
金融機関に限れば35年を選択できます。

 

ただし、返済期間を長くすると利息の総負担額が大きくなって、金額的に損を
してしまいますから注意してください。

 

不動産担保ローンの返済期間においては、そもそも長期間を選ばなくてはいけない
決まりが存在しません。

 

最短の返済期間は3か月ほどだったりしますので、利息の総負担額を減らしたい人は、
返済に充てる金額をなるべく増やしてみましょう。

 

土地を担保にできる不動産担保ローンにおいては、金利タイプが2種類ありますが、
どちらであっても低金利でお金を借りられます。

 

返済期間は35年に対応した金融機関があり、利息の総負担額を減らしたい人は
最短で3か月ほどの完済を目指せます。